FC2ブログ

管理栄養士さん、薬剤師さんの前でお話しさせていただきました

~株式会社フォーラルにて~
1月25日
江東区にある株式会社フォーラルにて管理栄養士さん15名、薬剤師さん7名が集まって下さり『多職種連携のありかた』『言語聴覚士の視点』についてお話しさせていただきました。
多職種連携と世間でもよく言われているものの、例えば薬剤師さんや管理栄養士さんとも連携がよくとれているケースはどれほどあるでしょうか?かなり少ないかと思われます。
連携する為には相手の職種がどのような視点で仕事をされているかをまず知らないと、お互いどんな情報を相手に渡せばいいかがわからないだけなく、話そうという発想すらも難しくなります。
薬剤師さんだって調剤するだけが仕事じゃないんです!栄養士さんだってなんでも食事制限するんじゃないんです!言語聴覚士のことは名前すら知らない人も多いです(泣)。イメージを変えていきたい!
多職種の視点があれば支援の幅が広がります。リスク管理にも繋がります。
例えばこんなケースがありました。
ある仲間から報告を受けました。

「昨日から血圧の薬が変わったと家族から聞きましたが、今日測ったところ大きな変化はなかったです」

と。薬剤師さんなら、この話を聞いてすぐに気付くと思いますが、どんな薬を飲んでいるのか?まだあと数日は以前の薬の影響が身体に残っているのではないか?と思われませんかね。もし、薬とはそもそもどういうものかや、薬剤師さんはこういう所をチェックできる人達だという事を知っていればこのような報告にはならないでしょうし、「そうだ、薬剤師さんに確認しなきゃ。聞いてみよう!」という発想に至り、連携できたかと思います。
もしかしたら血圧の変動があるか気を付けて確認しなければならないのはもう数日後の事かもしれませんね。

他にもこんなケースがありました。
身体のリハビリしか受けていないケースの担当者会議に代理で行った時です。ケアマネージャーさんが「足の筋力が落ちてきたので理学療法士さんの回数を週1回から週2回に増やせないか」と検討されていました。大橋からはちょっと確認させてほしいことがありますと伝え、それまでデイサービスに行っている時にたびたび測っていた体重の推移や普段の食事の状況などを聞き取っていくとここ2年くらい、半年で2㎏ずつ痩せていっていることに気付きました。根本の食事を見直さなければ、このままだと筋トレしていってもエネルギーをより消費していくだけでよけいに痩せていくだけでなく、摂食嚥下も難しくなっていく可能性があると推測できたケースなんかもあります。栄養士さんであれば栄養状況の確認やどんなものを美味しく食べられるか摂れるかのアドバイスができるので栄養士の意見を聞きたいケースだと伝えさせてもらいました。
言語聴覚士もよく歯科医の嚥下と言語聴覚士の嚥下の違いってわからないと聞かれることがあります。『嚥下』とひとくくりに思われるので世間からはわかりづらいでしょうし、言語聴覚士は少ないですし、なかなかどういう視点を持っているかアピールできる機会がないことが心苦しいです。
食に関しては口腔の機能以外の影響がかかわることも多々ありますのでそういった視点についてもお話しさせていただきました。歯科医とSTと栄養士が一緒に連携してケースに入るととても心強いですよ。
今回、うちの職員も何人か連れていきましたが、看護師達もすぐに気軽に相談できる繋がりができて良かったと言っております。今後ともよろしくお願いします。

East所長・大橋三広
20190128-1.jpg

20190128-2.jpg

誤嚥性肺炎予防についてお話しさせていただきました

所長・言語聴覚士の大橋です。

1月23日、墨田区にある「さくら会」という、ふれあいサロンからご依頼をいただき、地域の住民向けに誤嚥性肺炎予防についてお話しさせていただきました。
20人ちょっとの人達が集まっていただき、日々のお口のケアがいかに重要であるかや、実際にお口の体操をいくつか一緒に行ってきました。
皆さん真剣にうなずきながら聞いてくださり、質問も積極的にしてくださり、また冗談に対しても笑いのある会でとても雰囲気が良かったです。
あっという間の1時間でした。

今まで講義などの依頼が来る時は医療や福祉に関係する施設や事業所であったり行政を通しての依頼などでしたが、今回は地域住民のかたから直に依頼をいただけたのがとても嬉しかったです。
地域の人達にまで活動を知ってもらえた事、また役にたてた事で一段と仕事にやりがいを感じさせていただきました。
地域に根差した支援ができるよう職員一同がんばっていきたいと思います。
ありがとうございました。
またいつでもお気軽にお声掛け下さい。

20190123.jpg

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
Eastのスタッフも増え、より一層地域の看護・リハビリに貢献できるよう知識を蓄え、腕を磨き、連携に力を入れてきたいと思います。
中には新たな分野の資格を取得した看護師や地域包括支援センターの推進事業にボランティアで参加される療法士も増え、活躍の場を広げていきたい所存です。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

ヘルパーさん向け研修会

11/22(木)江東区のサン介護センターでヘルパーさん向けの研修会を行なってきました。「負担の少ない介助方法と腰痛体操」というテーマでお話しさせていただきました。

介護業界の腰痛被害は深刻で、年々労災申請をされる方も増えているほど。

介助をする際、介助者側にとって負担の少ない姿勢はどういうものかについてお話ししました。他にも、相手の力も活用するやり方などちょっとした工夫で負担が減ることもあります。
身体的な介護をする上で、ヘルパーさん達が腰痛などに悩まされることは多々あります。日頃から運動やストレッチを行ない自身の体をいたわる大切さを伝えました。「体が資本」ですね。

20181213-1.jpg

20181213-2.jpg

ヘルパーさん達から実際に介入しているケースについて相談も受け、一緒になって考え自分にとっても貴重な経験をさせていただき、大変有意義な時間を過ごすことができました。


東京リハビリ訪問看護ステーションEast
作業療法士 青﨑 健

福祉用具 展示・実演会 食事と姿勢について話をしてきました

11/12(月)墨田区のなりひら高齢者支援総合センター(地域包括)で福祉用具の展示会・実演会が行われました。

20181113-1.jpg

東京リハビリ訪問看護ステーションEastの方にもお声がけしてくださり、10:00-16:00まで『食事コーナー』のブースにST大橋とOT戸嶋が着き、食事用の自助具や姿勢について来訪されたかたがたにお話しさせていただきました。
また14:30からは『正しい姿勢での食事』について講義致しました。

20181113-2.jpg

食事時にむせてしまうような人の中でも姿勢を安定させられるようなアドバイスで改善されるかたも少なくありません。飲み込みを考えるときはお口以外にも様々な要因があり得ます。
自助具も大事です。目の前にあるおかずの中から、自分で食べたい物を選択して自分で食べられる事がどれだけ大事であるか。
その為にも色々な道具があり、選択肢がある事を訴えてきました。

20181113-3.jpg

20181113-4.jpg
プロフィール

東京リハビリ East

Author:東京リハビリ East
東京リハビリ訪問看護ステーション Eastのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR