FC2ブログ

福祉用具 展示・実演会 食事と姿勢について話をしてきました

11/12(月)墨田区のなりひら高齢者支援総合センター(地域包括)で福祉用具の展示会・実演会が行われました。

20181113-1.jpg

東京リハビリ訪問看護ステーションEastの方にもお声がけしてくださり、10:00-16:00まで『食事コーナー』のブースにST大橋とOT戸嶋が着き、食事用の自助具や姿勢について来訪されたかたがたにお話しさせていただきました。
また14:30からは『正しい姿勢での食事』について講義致しました。

20181113-2.jpg

食事時にむせてしまうような人の中でも姿勢を安定させられるようなアドバイスで改善されるかたも少なくありません。飲み込みを考えるときはお口以外にも様々な要因があり得ます。
自助具も大事です。目の前にあるおかずの中から、自分で食べたい物を選択して自分で食べられる事がどれだけ大事であるか。
その為にも色々な道具があり、選択肢がある事を訴えてきました。

20181113-3.jpg

20181113-4.jpg

【平成30年度East主催旅行】


10月27日~28日にかけて、東京リハのスタッフ・ご家族で富士河口湖周辺に旅行に行ってきました。雨予報で天気が心配でしたが、当日は晴天に恵まれ、絶好の旅行日和となりました☀️☀️


20181106_1.jpg



参加メンバーは大人12名、子ども5名。療法士や看護師、ケアマネージャーなど、2日間ゆっくりとお話しすることができました😊職種を超えて仲良くお話しできるのもEastの強みなのではないかと思います👬👬✨


1日目はほうとう作り体験から始まりました。粉を練るところから開始し、なかなか大変な作業でした。2~3人のグループに分かれての作業でしたが、それぞれのグループで麺の太さやコシなどが違い、個性が出ていて面白かったです。
ほうとうと言えば一般的にカボチャなどが載っているイメージだと思いますが、今回のほうとうは、なんと「海鮮ほうとう」で、トッピングとしてエビやイクラ、サケの切り身などが載っていました!とにかくすごく美味しかったです。


20181106_2.jpg

20181106_3.jpg





その後は遊覧船、夜にはみんなでコテージ内でBBQをして乾杯しました!!このコテージが本当に素晴らしく、子供たちはかくれんぼをしたりして楽しんでいました。大人は夜までワイワイと語りました!!

20181106_4.jpg




2日目はコテージで朝食を食べて富士急ハイランドに向かいました!!🎢🎡🎠
小さなお子さまたちも、トーマスランドで思う存分遊べました!!
大人も子供も大満足でした🎃✨✨





帰りは大きな渋滞に巻き込まれ、4時間近くかけてバスで東京まで戻りましたが、それも含めてすごくいい思い出になりました☺️
今回幹事を務めていただいた青崎さん、ありがとうございました!!
来年は私も企画を担当させて頂きます!今年の旅行が素晴らしかったので少しプレッシャーですが、来年はもっと多くのスタッフやご家族に参加していただくために精一杯企画したいと思います!!!


20181106_5.jpg





東京リハビリ訪問看護ステーションEast
作業療法士 樋谷

10/7(日) 当社の言語聴覚士達(ST)が本社に集まり、情報交換会を行いました

東京リハビリテーションサービスでは月に1回、STミーティングを行ってます。
各拠点をスカイプで繋いで行ってはいたものの、非常勤やお母さん療法士など夜だと参加しづらく、情報交換しにくいという事がありました。
そこで、今回おれんじnicoに所属されている室田STの呼びかけで日曜日にSTの皆で顔を合わせて情報交換しようという企画が上がり実現することができました。
東は江戸川区、西は練馬区、南は大田区からと普段はなかなか直接顔を合わせられないメンバーたちが集まり、日曜日にも関わらず当社の約半分のST達、11人ほどが一つの部屋に集まりました(日本全体を見ても地域に出ているSTは世間にもほとんどいないのに、11人ってすごい事ですよ!病院や施設でも二ケタはほぼいかないのでは?)。

ST情報交換会

 今回の集まりでは学会の参加報告や研修会の案内、教材の紹介や手作りの口のトレーニング道具の紹介、新しい福祉用具などの情報を皆が持ち合って話し合いました。
悩んでいるケースの症例検討も行い、いろいろな視点を学ぶこともできました。
 言語聴覚士の数はまだまだ少なく、拠点によっては一人しかいない所もあります。なかなか悩みを相談できずに孤軍奮闘している言語聴覚士もいるでしょう。
そんな中で顔を合わせて仲間と話し合える時間が作れたのはとても良かったと感じております。
今後も定期的に集まり、互いに切磋琢磨していきたいと思います。

新しいメンバー紹介

新卒で訪問リハに挑戦し、毎日勉強することばかりの毎日ですが、スタッフの皆様に支えられながら日々の業務に勤しんでいます。平素より何かとお心にかけて頂き、本当にありがとうございます。
経験は非常に浅いながらも、同じような疾患でも利用者様の置かれている状況は、ご本人の性格や生活環境などによって実に様々であることを実感しています。
利用者様を取り巻くあらゆる背景をしっかりと評価し介入できることは、訪問リハ、さらには作業療法の強みだとも思います。初心を忘れず、目の前の利用者様の為により一層邁進していきたいと考えています。

作業療法士 樋谷



皆様、初めまして。
4月より入職致しました、理学療法士の堀と申します。
入職してから早3ヶ月、もっといいサービスを御利用者様や御家族様に提案・提供できる様に、日々楽しく悩みながら初めての訪問業務にあたっています。

Eastの事務所では、頼りになる看護師の方々や、気軽に相談に応じてくれる療法士の方々など、皆さんに相談にのっていただき、そこから新たなアイデアが生まれてきます!
症例検討などでも、どんな意見でもしっかりと受け入れていただき、色々な意見が出しやすい環境がある事、これは本当に素晴らしいなぁと感じています。

私も、早く戦力になってたくさんのアイデアが出せるように、御利用者様や御家族様、事務所の皆様やケアマネジャー様、関わる皆様とたくさん話をしながらより良いサービスを提供できるように頑張ります!
皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

001.jpg



特急「Revaty」は「Variety(多様)」と「Liberty(自由)」の造語とのことです。
私も、多職種の専門性を生かして協力し、自由な発想でフットワーク軽く!!

理学療法士 堀

新しい仲間が増えました

新年度を迎え、東京リハビリ訪問看護ステーションEastにも3人の仲間が増えました。

若いパワーに溢れる作業療法士
経験豊富な理学療法士、看護師です。

201805151.jpg



先日行った歓迎会では、意気込みを語ってくださりました。

新しい仲間を加えスタッフ一丸となり、これまで以上に墨田・江東区を盛り上げていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

写真は、歓迎会の様子です。

201805152.jpg
プロフィール

東京リハビリ East

Author:東京リハビリ East
東京リハビリ訪問看護ステーション Eastのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR