FC2ブログ

墨田区八広 おおさわ歯科クリニック

10/2(水)お母さん(お父さん)達の味方、墨田区にある素敵な歯医者さんとお話してきましたのでご紹介いたします。
墨田区向島歯科医師会の理事でもある大澤裕樹先生は歯科と併設して託児所を持っています。
つまり、お母さん(お父さん)が歯科治療を受けている間、子どもを見てもらえるという事。これは嬉しいのではないでしょうか。
多職種連携のことも考えてくださる、物腰やさしい先生です。

私たちリハビリ職は病気や障害をもつお子さん達に関わることもありますが、とかく子育てしているお母さん(お父さん)達は誰しもとても大変です。ご自身の事よりお子さんの事を優先しなくてはならない場面が多々あります。そんな親たちが健康に過ごすためにも、知ってもらいたいクリニックだと思いました。

歯科治療をしている間だけ子どもを見ていてもらえます。また障害のあるお子さんなどは待っていられるかなど相談したうえでという事ではありますが、検討してみてはいかがでしょうか。

191017East1.jpg

191017East2.jpg

191017East3.jpg

長野県 小諸北佐久薬剤師会にて講演

9/26 長野県に来ています。
長野の薬剤師会にて多職種連携についてお話しする事になりました。お呼びいただきありがとうございます。
各職種が繋がるとどれほど支援がしやすくなるか、いくつか事例を紹介しつつお話します。

介護士、医師、看護師、歯科医、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など医療や福祉の職種は細かく言えばもっといろいろいたりもします。
互いに特定の職種としかほとんど連携してないと思われます。でも歯科医と理学療法士でやり取りしたら有効な情報だってあるのに互いにその発想にいかない。言語聴覚士が気にかける薬というのがあるのだけど薬剤師さんは言語聴覚士がそういった特定の薬を気にかけていることすら知らなかったりします。
お互いの事を知ればどんな情報を渡すべきか気づけて、より良い支援ができるはずです。


もっともっと互いの事を知らないといけませんね。橋渡し役になれるといいです。

191008East.jpg

19100802.jpg

6月29日30日『第14回日本訪問リハビリテーション協会学術大会inにいがた』

Eastの言語聴覚士の大橋です。

ポスターですが発表してきました。3分という時間での発表は難しいですね。
きっちり3分で終えることは出来ましたが。

要介護5の寝たきりのご利用者様に旅行の計画を建てたケースです。
要介護度の低いケースで旅行するケースはあるものの、なかなか寝たきりのケースで旅行という発想は繋がりづらいことかと思います。
本ケースではホテル側に連絡を取って対応可能かを聞いたり、想定しうる状況に対して電話で確認を取り合うなどしてから実施したケースでした。
旅行後も良かった点や改善点についてホテル側とお話ししました。

療法士がもっと社会に対して啓発、啓蒙活動することによって受け皿も広がるはずです。
まだまだ療法士が支援できる事、活動できる事は広がる可能性があると実感しています。
こうやって言語聴覚士ですら動けば旅行の発案が出来たのですから。

参加者のかたから、私の発表は利用者さんとの関係性や関わり方が『見える』発表で良いとの評価をいただきました。
聞いてくださっている方々の中には微笑みながら聞いてくれている人達の様子が私からも発表中見られましたので嬉しかったです。

1907niigata1.jpg

1907niigata2.jpg

1907niigata3.jpg

1907niigata4.jpg


【ご報告】5/13すみだ他職種連携懇話会『失語症について』

去る5月13日、墨田区で行われているすみだ多職種連携懇話会にて失語症のお話しをさせていただきました。

医師や歯科医師、リハビリ職、ケアマネ、薬剤師、栄養士と多職種の方が集まってくださいました。
ありがとうございます。

1.jpg

2.jpg

3.jpg



講演会のご案内 6月9日(日)

一般社団法人福祉保育教育機構からのご依頼で
6月9日(日)に池袋の東京福祉大学で講演させていただくことになりました。

在宅における「ことば」や「食事」の事情など。
また、揺れ動く本人や家族の気持ちの中でどう関わっていくか。
ご本人の希望と家族の希望が違う場面でどう支援してきたか。
自己決定と言われる世の中になってきたが、中には選択を迫られていると感じている人もいる事、肺炎を起こすリスクが高くても食べたいという気持ちが強い人にどう支援してきたかなど、様々な事情やご本人や家族側と支援者側の自己責任と管理責任について、自己決定と選択など答えの難しい題材について墨田区の和翔苑の小谷所長と対談形式で講演をいたします。

一緒に対談させていただく和翔苑の小谷さんはたいへん有名な介護福祉士で利用者さんとの関わり方にはとても多くのことを学ばせていただいております。

月に1回、墨田区にて勉強会を開催されているので、大橋もよく参加させていただいております。
小谷さんのフェイスブックは日々の利用者さんとの関わったエピソードが載っており、とにかく面白いのでもしよかったら覗いてもらえると嬉しいです。

190609_1.png

190609_2.png




講演のチラシPDFはコチラ

お申し込みはコチラから
プロフィール

東京リハビリ訪問看護ステーション East

Author:東京リハビリ訪問看護ステーション East
東京都墨田区・江東区を中心に訪問看護・リハビリを行っている訪問看護ステーションです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR